本当の祝福を受けたければ、家族での披露宴

義理での参加がないので和気あいあいで結婚式ができる

大人数の結婚式は盛大で華やかですが、一人一人に目が届きませんよね。義理で参加される方も多く白けてしまうテーブルも出てきてしまいます。お色直しなどイベントごとも多く、新郎が一人ぽっんと座っていることもありますよね。全員が一体となっての結婚式は望めません。しかし、家族婚なら知らない顔はありませんし、お色直しもありませんから新郎が一人になることもありません。家族と親友だけなので気兼ねなく盛り上がれますよね。

会場選びは慎重にしましょう。

家族婚で気を付けなければならないのが会場です。あまり広い会場ですと寂しい感じになってしまう場合があります。結婚式場ではなくレストランなどを貸し切って行いましょう。二人の出会いのレストランなどを選びのも演出の一つになりますよ。形式だった結婚式ではないので挨拶はなし。初めから終わりまでわいわい楽しめますよ。新婦自らカラオケを歌ってしまうなんてこともできますよ。思い出の多い結婚式になりますよ。一人一人が参加でき、楽しめる結婚式です。

感謝の言葉もいつでもどこでも

大会場ですと感謝の言葉は式の終わりの方で少しだけですが、家族婚ならいつでもどこでも感謝の言葉が伝えられます。恥ずかしい言葉もみんなが見ていないところで伝えることだってできます。さみしい新婦のお父さんだってずっと隣に居られるんですからうれしいですよね。大披露宴では、そうはいきません。関係者様の挨拶で式が終わってしまいますよね。家族、親友が楽しくなければ結婚式を行う意味がありませんよね。これから苦労を共にしていく家族たちの親睦を深めるのが一番の目的ですから。

家族婚の利点には様々なことがありますが、結婚式のスケジュールを立てやすいことや、ゲストの人数を調節できることなどが指摘されています。