意外と知らない、ブライダルフェアの選び方!

本命の会場は最後にまわろう!

本命の会場ほど、一番最初に行ってみたくなりますが、気持ちをぐっと抑えて、第一希望は最後までとっておくのがおススメです。ブライダルフェアに行くと、予定日はいつぐらいなのか、何人くらい呼ぶ予定があるのか、何をやりたいのか、色々と質問されます。一番最初はまだ結婚式のイメージも固まりきっていないことがありますので、最初は第二希望、第三希望の会場から回るのがおススメです。どんどんイメージを膨らませていって、本命に臨んではいかがでしょうか。

フェア当日に申し込めばこんなメリットも

本命の会場を最後に回れば、他の会場との比較もできますので、フェアに参加した当日に申し込むことができます。ブライダルフェア当日に申し込むことで、結婚式費用を抑えることができるメリットがあります。ブライダルフェアに行くと最終的に見積もりを出してくれますが、すぐにはOKせずに悩んだ風を装ってみてください。そうすると、意外と値引きされることがあります。他の会場と迷っていて、なんて言えば「今日申し込んでくれるなら、これだけ値引きします」といった提案を受けることができます。

せっかく行くなら食事付き!

ブライダルフェアでは披露宴会場、チャペルなどを回りながら説明を受けますが、写真や説明だけでは食事の質までは伝わってきません。そこでおススメなのは食事会付きのブライダルフェアです。食事付きであれば、実際に当日にどんな料理が出てくるのか、事前に確認することができます。披露宴に来てくれる方にとって、料理がおいしいかどうかは重要なポイントですので、はずしたくないですよね。中には無料でフルコースを出してくれる会場もあるので、利用してみてはいかがでしょうか。

東京のブライダルフェアに参加をすることで、人気の高い結婚式場のサービスの特徴を把握することが可能です。